ワキガに関する知識を持っていくこと

ワキガに関する知識というのは、色々とありますが汗腺を知っておくべきです。具体的にいいますとこれはアポクリン腺です。アポクリン腺というのは、腋のところにある汗腺です。ちなみに耳の裏にもあります。たまに耳の裏が臭う、という人がいますが、これもアポクリン腺の汗が原因になります。これはほぼ体質によって決まることになりますから、基本的にはどうしようもないことです。しかし、対策ができないわけではないです。あくまでやれることはいくつもあります。

 

例えば、腋を拭くということは大事になります。これによって、腋からの臭いを消すことができるからです。ワキガというのは腋からの汗が原因であるわけですから、これを拭くのはとても大事になります。そこをよく理解しておけばかなり対策ができます。後は脇の切開、と言う方法もあります。これは要するにアポクリン腺を切除するわけです。そうすれば腋からの汗を止められます。その可能性が出てきます。

 

お金がかかることではありますし、外科手術ですからリスクがありますし、それでも確実ではないです。その為、外科手術は最終手段しておくとよいでしょう。しかし、知っておく価値はありますし、選択肢に入れることはよいです。

 

ワキガの原因を知ることが大事

ワキガの臭いを嫌がる人は多いです。それは仕方ないことではありますが、実は自分がそうである可能性もあります。体質による部分が大きいですから、まずはそれを自覚したほうがよいでしょう。では、ワキガの原因とは何なのか、といいますと実は二つの要素があります。一つは汗ですが、もう一つは雑菌です。汗なのですが、どこの汗でもそう、というわけではないです。腋にあるアポクリン腺と言うのがワキガの原因の汗を出します。

 

汗腺は他にエクリン腺と言うのがあるのですが、こちらはほぼ水分を出すだけです。しかし、アポクリン腺は皮脂や老廃物まで出しますから、そこから臭いが発生する可能性があるわけです。誰でもある汗腺ではありますが量に違いがあります。これがワキガは体質である、とされている理由の一つです。また、それでもアポクリン腺から出る汗のみが原因ではないのです。そこで雑菌が関わってくることになります。雑菌が汗を分解して、あの強烈な臭いを発するようになるのです。

 

ですから、雑菌の繁殖を許さない、というのも実は立派なワキガ対策の一つでもあります。この二つが原因であることを理解しておくと対策がしやすくなります。原因は一つではないのです。

 

エクリン腺とアポクリン腺について

ワキガの改善のポイントとは