百姓は悪魔じゃない

例えば、何も知らないエイリアンに「野菜ジュース」のことを説明するなら、どうやって言う?「デザイナー」の特徴とか、ううん、まずこの世界についての説明からするかもね。
トップページ >
ページの先頭へ

汗をたらして歌うあなたと花粉症

誕生日、友達から貰った香水、優しい匂い。
私に似合う香水を意識してチョイスしてくれた物で、ちっちゃくて飾りのリボンがお洒落だ。
香りも香水ボトルも大きくいっても華やかではない香水だ。
ストアにはたくさんの香水が置いてあったが、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズはほんとにちっちゃい。
シンプルでお気に入り。
外に出る時だけでなく、仕事のときもカバンに、家で仕事をするときはそばに置いている。
そのことから、バッグの中は、どれも同じ匂い。
いつでもつけているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
香水ショップにてたくさんの匂いをつけるのは好きなことだけど、この匂いが今までで一番気に入ったものだ。

雹が降った月曜の午後は散歩を
time is moneyは、的確な名言で、ダラダラしていると、見事にすぐ自由な時間が無くなってしまう。
もっともっとささっと業務も締め切り前の報告書も終われば、他の作業に時間を回すことが出来るのに。
部屋の整理をしたり、ジムに行ったり、自炊したり、雑誌を手に取ったり。
そう思ったので、この頃は、テキパキ取り掛かろうと心がけているが、どれだけ達成できるのか。

凍えそうな休日の日没は料理を

わたしは、アレルギー体質で、ファンデーションはほとんど使ってはいけないし、洗顔石鹸も一部だけだ。
仕方がないので、果実や飲み薬の力にお任せになっているが、ここ最近摂っているのが粉ゼラチンだ。
飲み物に混ぜて、毎晩飲んでいるけれど、多少素肌がつややかになった。
その上、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、びっくりした。

気分良く話すあなたと気の抜けたコーラ
とある真夏の昼過ぎ。
少年は家の庭で、アリの行列が死んだ虫を運んでいるところを注意深く観察していた。
アリ達はがんばって動き回っているのだが、虫の死体一つでこんなに大勢のアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達の運んでいる虫の死体をとったらどうなるかな、という欲求にかられた。
でも、今日はじっくりと黙って観察し続けることに決めた。
とても暑い日だったので、少年の汗は頬を伝い、雫となって蟻たちの近くに落ちた。

気持ち良さそうに跳ねる先生と読みかけの本

先日の朝刊に、日本女性の眉毛に関して、興味をそそる記事がまとめてあった。
真相を知ると、急に色っぽさも感じてくるので不思議だ。
目にするだけでは、怖いもののようにも見えるが、その昔は既婚者である女性の証だという。
真相を知ると、次第に色香まで感じられるので不思議だ。

風の強い木曜の夕方にビールを
久しく行ってなかった外での仕事の当日、初めて仕事で一緒に働いたAさんという男性は、大柄な方だ。
一番初めに会話をしてから貫禄があり、業務以外のお話はちょっとだけしかできなかった。
先日、なんとなくAさんの腕まくりした手首を拝見してびっくりした!
大粒の天然石ブレスが10個以上目に入ったため。
気付いたら、パワーストーン好きなんですね!と出てしまったくらい。
するとAさんは得意げに、いきなり可愛い顔で、ひとつひとつのストーンの由来を教えてくれた。

陽の見えない休日の明け方はゆっくりと

名の通った見学箇所であろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ行った。
法隆寺式伽藍配置もしっかり見学できて、五重塔、講堂も見学できた。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも大きなものだった。
このお寺様に関して身につけるにはおそらく、膨大な時間を必要とするのではないかと感じている。

笑顔で吠えるあの子と観光地
このライカの一眼レフは、あまり大きな声では言えないけれど、波打ち際で拾ってしまった。
その日、8月のちょうど半ばで、ちょうど真ん中で、もちろん暑かった。
マリンタワーで恋人と喧嘩し、しばらく話したくないと言われてしまった。
気を取り直そうと、アパートからここまで走ってやってきて、海岸をゆっくり散歩していた。
で、少し砂で汚れたこの一眼レフに出会うことができたのだ。
持ち帰って、興味を持って夜景フォトを何枚か撮ってみた。
この落とし主より、良い感じに撮れるかもしれないと思った。
彼女の素敵な笑顔撮りたいなー、とか、意外とピント調節って難しいなー、とか感じていた。
連絡して、なんとか会うことができたら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
で、この一眼、警察に届けよう。

ゆったりと話す家族と横殴りの雪

今季は、海水浴に行っていないが、海に入りに大変行きたい。
まだ、子供が小さいので、海には入らせないで遊ばせるぐらいなのだけれど、きっと興味をもってくれると思う。
しかれども、子供は、パンパースを着用しているから、海にいる人の事を思ったら海水に入れない方がいいと思う。
オムツのプール用もあるが、場所によっては問題に発展しているらしいので。

泣きながら大声を出す彼女と夕立
田舎に住んでいたら、インターネットでものが簡単に購入できるようになったのが、とっても役立つ。
それは、駐車場がある本屋が市内に一軒だけしかなく、品ぞろえもひどいから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりネットで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原付で30分以上かかるからとってもめんどくさい。
ネットショップに手慣れたら、本以外もネットで購入するようになった。
なんでもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は必ずネット購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

カテゴリ

カテゴリ

Copyright (c) 2015 百姓は悪魔じゃない All rights reserved.